伝統的な仕事と技術力

宮大工の作業内容とは

宮大工とは、神社や仏閣の建築や補修を手掛ける職人のことです。国の重要な文化財の解体や修理に携わるため、伝統的な建造物を守っていく大切な役割があります。建造物の他にも、神輿の組み立ても行っています。 神社や仏閣の屋根や柱、梁などには複雑な曲線が使われているため、宮大工の高度な技術が必要とされます。耐久性を高める特殊な技術を「木組み」といい、一般の住宅と建築方法が異なるのです。しかし最近は、和風の家に憧れて昔ながらの日本住宅を建築する人も増えてきています。宮大工が使う木材は、加工を行う前に図面上のどこに使用するのかを決めて目印を付けます。こうしておくと、使う場所に合った強度の木材が間違いなく行き渡るのです。そのため、一般住宅やリフォームでも宮大工の技術が活かされており、木の温かみを感じるような住宅に人気が集まっています。

昔ながらの技術で魅力的な住宅に変身

宮大工の技術で一般住やリフォームを行う前に、職人と事前に打ち合わせを行います。宮大工は昔ながらの設計方法で作業を行っていきますが、意外にも様々なデザインがあり好きな雰囲気で施工して貰うことができます。注文住宅を宮大工に依頼する場合には、社寺建築の良さを活かした建設方法が用いられます。一般住宅を専門に扱う建設業者の場合、社寺建築は難しいと言われています。しかし、宮大工なら社寺仏閣や一般住宅を建設することが可能になっています。荘厳な品格漂う住宅が欲しいなら宮大工に依頼してみましょう。